賃貸で家賃は月収の3分の1は理想ですが、ひとそれぞれ住んでいる地域が違ってきたり事情があることがわかる

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

賃貸で家賃は月収の3分の1は理想

お部屋探しをするときに2LDKなどの間取りを重視して探すような方もたくさんいますが、できれば平米数まで気を配ってお部屋探しをしてみればもっと理想的なお部屋が見つけられるでしょう。そして、賃貸の目安は月収の3分の1以下が理想といった話を聞いたことがないでしょうか。不動産サイトでも家賃目安3分の1と居負った言葉が頻繁に使われていますが、このときの月収額は総支給額のことではなく、あくまで手取り金額と思ったほうがいいです。さらに歩合給や残業代などの不確定な金額も曽ぞいた金額の3分の1と考えましょう。そして、手取り金額30万円なら、10万円以内の家賃に抑えていくことが理想です。

そして月収の3分の1というのは確かに理想ですが、人それぞれ借金が会ったり、住んでいる地域が違って着たりするなど事情があります。そしてもしも独身で都内に住んで入れば月収30万円の3分の1、つまり家賃10万円が適正な価格と考えていいですが、これが地方に住んでいる人なら、単身者用物件で家賃10万円はかなり贅沢な物件でしょう。こうして独身と既婚、都内と地方など、状況に合わせ賃貸物件の適正価格は異なってきます。そして月収の3分の1都はどこから出てきた目安でしょうか。

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.