どちらも賃貸の場合、一軒家に住むのとアパートに住むのでは違う。アパートに住む場合に気をつけたいこと

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

賃貸の一軒家と賃貸のアパートの違い

賃貸アパート住まいと言えばここ最近だと特に変な感じもしなければ、これといって不思議な感じもなく誰でもしていることであり、私自身、一軒家からアパートに引っ越すことになったが思っていたよりもアパート住まいは快適でもしかしたら一軒家よりは住みやすさとして勝っているかもしれない。というのも、一軒家とアパートでは身軽さが違う。一軒家はずっとその土地に、住所に住まなければいけないし近所付き合いだってずっとしていかなければいけない。その点、アパートは手頃に誰でも賃貸として住めるし何よりも、引っ越しをしたいと思えばすぐに引っ越しが出来る。そうういった意味ではアパートの方が住みやすいような気がする。

とはいえ、その分アパートは壁が薄かったり、ペット禁止やベランダが狭いなどの問題もあるし、私自身、アパートに住んでいて苦労しているのが「階段」だ。二階までの階段ならまだしも、三階まで階段で登るとなるとかなり体力を使う。だからと言って階段を下りないと仕事にも買い物にも行けないのだからほぼ毎日、階段を何度か往復しなければいけない。買い物の荷物をまとめ買いなんてした日にはそれこそ重たい荷物を持って何往復もする。いい運動にはなるが結構しんどいのでアパートに住む時の階段、階数は重要なものだと思う。また、壁が薄いと「お隣さん」にかなり気を使うことになる。夜にさほど大きくない音量でテレビを見ているだけでもお隣さんが少しでもこちらの音を気にしてしまうとそれはもう「雑音」に変わり大変迷惑をかける。そのせいで隣同士トラブルになることもあるのでそこは気をつけたい。

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.