広域転勤の可能性あるときは家を買っても住めない期間が長くて賃貸住まいが有利かもしれないということ

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

広域転勤の可能性あるときは賃貸住まいが有利かもしれない

生きていくためには住まいの確保がなされていないとなりません。その住まいは実家で暮らすとかなどを除いた場合、大きくわけるならば家を買うか借りるかの2者択一となります。いずれにしても資金と審査が要ることに変わりはありません。前者の家を買う場合はローンなどを全額返済して固定資産税などの税金を払い続けていられるならば自分のモノになります。対して後者の場合はローンに縛られないこと、そして固定資産税や都市計画税といった税金に束縛されないのが魅力的ではありますが、家賃を払い続けていても自分のモノにならないというデメリットがあります。

そのため賃貸での生活は定年退職後などで引っ越しを余儀なくされる場合の時のリスクが大きいと不安を感じている人も少なからずいます。そのため若いうちに家を買うという人も少なからずいるわけですが、ここで問題なのは広域転勤の可能性がある場合です。その場合は家を買っても通勤範囲の限度を超えると住めなくなりまして家を買った分だけ資金面でのリスクを背負うことになるのです。広域転勤でも2-3年以内に確実に戻れるのならばまだましな方ですが、いつ戻れるのかわからない状態ならば買うのは大損だと判断しなければなりません。なのでそのような可能性がある場合は賃貸暮らしをしている間に家を買うための資金を貯めて生活していたほうが賢明であるのは言うまでもありません。なぜなら先に家を買ってしまうと家は動かせませんのでやり直しがききませんし、第一家のローンを払い続けている間に今度は老朽化してくるのでそのためのリフォーム資金を余計に貯めなければならないからです。

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.