定期借家契約というのは、賃貸人にとっても賃借人にとっても、それぞれ利益の多い賃貸契約なのです。

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

賃貸人と賃借人にとっての定期借家契約の利点

賃貸住宅には、ふつうの賃貸契約を結ぶのではない、定期借家契約という契約形態をもつ類いのものがあります。定期借家契約というのは、契約期間が定まっている賃貸契約のことを言います。ふつう賃貸契約というのは、契約期間はおおむね2年で、2年ごとにその更新をしていきますが、定期借家契約というのは、同じように契約期間が2年であっても、更新というものはなく、2年たったらその時点で契約は終了ということになる賃貸契約なのです。

こうした定期借家契約はどんなオーナーが管理し、またどんな人が住むのでしょうか。定期借家契約というのは、何と言っても契約期間が定まっているというところが特徴であり、物件のオーナーは期間満了に伴って賃借人に立ち退きを要求することができるのです。ふつうの賃貸契約であると、よっぽどのことがない限りオーナーが賃借人に立ち退きの要求をすることはできないのですが、定期借家契約であればそれが可能なのです。これはオーナーにとっては大きな強みです。

そんな定期借家契約は何もオーナーだけに利益があるわけではありません。期間限定ですから、その分初期費用が安く設定されていることがほとんどで、これは賃借人にとってはお得なことです。また、単身赴任や長期の出張で短い期間賃貸住宅を借りたいという人にとっては、初期費用も安く、とてもお手頃なのです。

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.