定期借家契約という賃貸住宅があります。それはふつうの賃貸住宅とどのあたりが違うのでしょうか。

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

定期借家契約という賃貸住宅について

ふつう賃貸住宅というのは、契約期間が決まっており、だいたいその相場は二年というのが一般的です。したがって、二年ごとに契約を更新する必要があります。もちろん、更新の意思がなければ契約はその時点で終了し、退去という運びになるでしょうが、基本的にこうして更新が必要なのがふつうの賃貸契約です。

それに対して、定期借家契約の賃貸住宅というものもあります。定期借家契約というのは、その名の通り、期間が決まっている賃貸契約のことです。ふつうの賃貸契約との違いは、更新の必要性がないということです。ふつうの賃貸契約であれば、物件のオーナーは契約の満了日が近づくと更新のお知らせを賃借人に通知して、いわば更新の意思のお伺いを立てなければならなりません。これはつまり、更新をするかどうかは賃借人にその権利があって、その権利に対してオーナーは受け身にならざるを得ません。つまり、賃借人が今後も住みたいと言えば、オーナーはそれに反論することはできないのです。

しかし定期借家契約は、権利を握っているのはむしろオーナーの方なのです。つまりオーナーが住まわせたくないと思えば、契約の更新(この場合は再契約)をする必要はないのです。よりオーナーの側に強い権限が働くのがこの定期借家契約の特徴です。

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.