賃貸物件で契約者が家賃を滞納し支払いに応じない場合には、連帯保証人に連絡がいったり、支払いをする場合もある

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

賃貸物件で連帯保証人をお願いする場合には

テレビドラマや映画などで描かれている、連帯保証人は、ならない方が良いという印象にがありますが、賃貸物件の連帯保証人は実際に頼まれた時も借金などと違ってたいして重要に思えない、重たい感じがしないという印象があるようです。賃貸物件の契約者や連帯保証人共に、賃貸物件の連帯保証人だから大した責任を取る事はないだろうと思っている人が多いのですが、そんな考えを持っている場合には、契約書をじっくり読んで内容確認をし、今一度、連帯保証人という事の意味を持った方が良いそうです。契約者が家賃を滞納した場合には、連帯保証人が契約者の代わりに滞納した家賃を支払う義務が発生してしまう場合があるのです。いきなりは滞納の家賃を代わりに支払う事はないのですが、契約者に何度電話しても支払いに応じない場合には、連帯保証人へ連絡をする場合があるそうです。

賃貸物件の契約者の場合の連帯保証人になる事を契約書に捺印した場合には、もし契約者が家賃を払わなかった場合には、連帯保証人に請求される事を了解したという事になるので、連帯保証人になる人は、それだけの気持ちを持つ必要があり、契約者に関しても、それだけ重要な事をお願いする事になるので、しっかりとした挨拶をして連帯保証人とはという事を理解してもらって、しっかりとお願いする必要があるのです。

ピックアップ

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.