賃貸住宅で言われる家賃を払い続けるというデメリットを超える、メリットをいくつか紹介しています。

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

賃貸にはこんな魅力がある

賃貸住宅を終える(終えた)際、必ずと言っていいほど出てくる言葉は、「毎月家賃を払い続けるのを終えたかった」ということです。確かに賃貸住宅の場合、住み続ける限り家賃を払うことが続き、これが大きなデメリットのように取られがちです。ですが、逆に、この点を逆転の発想で捉えてみると、気づきそうで気づきにくいプラス面が見えてきます。ローンを組んでマイホームを購入すると、長く続くローン返済。これには、利子というおまけ付きで支払が続きます。賃貸住宅者はこの間、しっかりと貯蓄をしておくと、後々に賃貸のメリットを大いに受けられることになります。

賃貸住宅のメリットの1点目として、住み替えが安易ということです。住んでみてイマイチだと感じれば、新居の敷金礼金、引越し費用の準備代だけで、次の住まいに移ることができます。住み替えが安易ということは、老後の住む場所選びもゆっくりと検討できます。今より田舎あるいは都会に住みたい、高齢者向け賃貸住宅を選択したい・・・などといった具合です。賃貸住宅のメリット2点目として、管理が楽ということです。マイホームを手に入れた途端に始まるのは、ローン返済だけではありません。住宅は少しずつ痛み壊れていくので、次の修繕に向けた貯蓄も必要になります。いざ修繕となれば、自分であくせく頑張るか、業者に依頼をしたり立ち会って確認をしたりすることになりますが、賃貸住宅の場合、管理会社や管理人にお願いするだけで大丈夫ということも多いです。

自分の家族構成や住まいに対する考え方、あるいは人生観などといったものを考えながら、賃貸かマイホームか、また、どんな住宅を借りる(もしくは購入するか)ということが大切です。

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.