賃貸住宅は、交渉ができる場合があります。そのやり方やタイミングなどを覚えておくと、交渉が通りやすくなります。

賃貸でマンスリーマンションの良さを
賃貸でマンスリーマンションの良さを

賃貸住宅の交渉の方法論やタイミングについて

できるだけ賃料を抑えて、できるだけ設備の整った住宅に住みたいと思うのは当然の心理です。しかしなかなか希望にそった物件に出会うこともありません。そこで、交渉によって、自分の希望に近づけることができるかもしれません。交渉はどうやってすればよいのか、またタイミングとしてはいつすれば成功しやすいのかなど、気になるところは多いでしょう。

まず、どんな物件であったら交渉が通用しやすいのでしょうか。人気もあって、引く手あまたの物件であっては、交渉は通りにくいでしょう。入居者がたくさん入ってくるような賃貸住宅は、交渉に応じなくても代わりの人が後からやってきますから、成功確率はかなり低いと言わざるを得ません。しかし、契約を前提にした交渉であれば、話だけでも聞いてくれるという場合があります。たとえば、「とても気に入った部屋なのだけれどクーラーがついていたらもっと良い」だとか、「家賃をもう少しだけ下げてくれれば入居を検討したい」だとか、とにかく条件をもっと見合ったものにしてくれれば契約するということを約束しながら主張するのがポイントです。ですからタイミングとしては、内見が終わって契約するかどうかというときがベストでしょう。うまくいけば、さらにいい条件で希望の部屋に住むことができるかもしれません。

Copyright (C)2019賃貸でマンスリーマンションの良さを.All rights reserved.